記事一覧

過去の恋 パート2

初恋の話を前回書いたが、今回はもうひとつの恋について書こうと思う。これを書くと、昔のオレのヤバさを知れるww。

それは28歳の時、まさかこんな激しい恋すると思わなかった。当時俺は、オンラインで中国語のレッスンを毎日していた。その中で一人お気に入りの先生がいた。彼女は23歳で、写真を見た感じ、とても美しかった。1年くらいして、上海留学中に、彼女に会いに大連まで行くことにした。

待ち合わせ場所で始めて会った時、彼女のテンションはとても低かった。俺がイメージと全然異なっていて、がっかりしたのだろうか。(今思えば、ファッションがとてつもなくひどくて、トークも全く面白くなかったから、当然だw)

一緒にバスで、旅順という場所に観光へ行った。彼女はとても美しく、目はぱっちり二重で、「整形したの?」⇒「よく言われるけど、してないよ」というやり取りをしたことを覚えている。 話をしていても全然盛り上がらない。が、とにかく美人なので、もう好きすぎてたまらなくなっていった。(非モテコミット)

夕方、海辺で、俺は告白した。「遠いけど、好きだから付き合ってほしい。」すると、「私今はそういう気分じゃない。まだ彼氏はいらないの」。案の定断られたが、非モテの俺は言葉通り受け取って、「なんで彼氏いらないの?意味分からない」とか、泣きながら間抜けな質問をしていた。(これ30近いおっさんの話。今思えば、俺やばいよなと思うw。)彼女は困惑して呆れ返っていたように見える。彼女はめちゃくちゃモテるだろうから、 レベルの高い男をたくさん見てきていると思う。泣きじゃくるオレを見て、ドン引きしたのは当然だと思うw。
こうしてオレの激しい恋は終わった。

当時は、対応が冷たいし、なんで振り向いてくれないだと恨めしい気持ちだったが、色んな女を知った今では、彼女は優しかったなと思う。今頃彼女はどうしているんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

kuribozu

Author:kuribozu
30代くりぼうずと申します。非リア充・陰キャで、10代と20代ずーとモテない人生を送ってきました。

ちなみに、くりぼうずは中学生時代のあだ名です。
私の頭の形が栗型だったからか、ただ単に同級生達がクリトリス好きだったから(!?)なのか、
由来は知りませんが、当時は卑猥なこのあだ名で呼ばれるのが嫌でした。。。
でも今活用できてラッキー!w

中学・高校と男子校で、勉強漬けの毎日で、出会いゼロ。
中学で成長が止まり、周りとの身長差が広がる日々。身長コンプレックスによるうつ病になった。今思うと、「これから苦労の人生を送ることになる」と無意識ながら本能的に感じていたのかもしれない。

勉強一筋の生活だったのにも関わらず、大学受験に失敗。浪人することに。同じクラスにとてもかわいい女がいた。今まで話したこともないのに、勇気を出して、帰り道いきなり「話そうよ」と声かけ。不自然すぎで、あっさり撃沈。ストーカーかよw
(でも、これが人生初ナンパだったのだな)

ようやく入った大学も理系だったので、ほぼ男子校状態。そして、入ったサークルも全員男子。低身長・低能力・彼女無など、劣等感にまみれており、人と関わることを避けていた。要するに、自分と他人を比較できないように、現実から目を背け、逃げていたのだ。こうして、友達も少ないコミュ障男が出来上がった。

社会人になって同期の女の子で好きな子ができて、向こうも最初好意があったと思うが、自分の恋愛能力ゼロゆえに、あっけなく自滅。。。。
その後も、同期の美人が先輩と結婚したりと、苦汁を舐める人生でした。
何年もずっと街中でカップルを見かけるたびに心底悔しかった。
(今でも美女カップルを見ると悔しいです。この悔しさから解放された時、自分はナンパを引退できるのでしょう。)

25歳まで童貞でしたが、性欲だけは群抜いていたので、たまたま韓国旅行中に風俗で40歳くらいのババアと初体験した後、長年海外風俗に入り浸っていました。何年もモテないことからずっと目を背けてきた訳です。そんなオレの状況を見るにみかねた会社の先輩が合コンに誘ってくれましたが、緊張して女の子とろくに話せず、非モテをさらして恥ずかしい思いもしました。

「このままオレは一生結婚できずに死んでいくのか?それは嫌だから、結婚相談所に行って好きでもない女と結婚するしかないのか?」そんなことを考え出した30歳の時(海外勤務中)に、ネットナンパを始めてみました。待っているだけではオレは一生彼女できないとようやく悟ったわけです。そこでなんとか人生初の彼女(現地人)を作りました。その後、他にも10人(全て外国人)ほどゲットし、うち2人とは良い関係を築けました。

日本に帰ってきてからもネトナンやるも、低身長やルックスの悪さも関係したのか、さっぱりモテず(アポ10連続負け等)、ついにネトナン放棄。どうせなら自分の好みのタイプと出会いたいと思い、ストリートナンパを始めました(2015年~)。

継続しているうちに、そこそこゲットもでき、今付き合っている大切な彼女もできました。出口の見えない恋愛の呪縛から解放され、自由になれたのは良かったです。そして、度胸もついて会社での振る舞い方が向上したのは良かったw
最終的な目標は「かわいいセフレを5人作れる」「年間50即できる」実力をつけることです。


https://twitter.com/kuriboze9
https://note.mu/kuriboze9
*講習をご希望の方は、noteからもお申込みできます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ご案内